【暮らし】DVDレコーダーの吸盤がガラス版に張り付いて取れなくなったがクリアファイルで解決した

ガラス板から取れなくなった吸盤

DVDレコーダーの吸盤はがし

別記事で書いた通り、私室のDVDレコーダーが故障した。

買い替えのためテレビ下のガラス板から取り除こうとしたが、何年も移動していないので持ち上げようとしてもビクともしない。

すごい吸着力だ。

ガラス板の上のDVDレコーダー

後で確認したけど吸盤面積はごくわずか。

にもかかわらず大の大人が本気を出しても外れない。

実際の吸盤

そういえば会社勤めの時、床下にLANケーブルを這わすのによく吸盤でめくっていたな。

吸盤はゴムでなくても強い。

床のパネル

さて、吸盤の原理はとてもシンプル。

真空状態に近いほど強力にひっつく。

空気が少ないと協力にひっつく

逆に、隙間を空けてやれば吸着は弱まる。

隙間を作ってやれば吸着は弱まる

理屈が分かればやることは1つ。

1点突破で隙間を作ってやれば良い。

例えば「糸」「カード」「カッターの刃」など薄くて硬いものを差し込んでやれば、隙間ができてそこから空気が入り込む。

差し込むものの例

ちなみに私が今回用いたのはクリアファイル(クリアーフォルダー)だ。

事務職をしていたので家に沢山ある。

クリアファイル

これを吸盤の1つに差し込む。

一見隙間はなさそうだけど意外とスッと下に潜り込む。

クリアファイルを奥まで差し込む

吸盤が乗るぐらい押し込めればこっちのもの。

あんなに頑固な吸盤があっさり離れた。

あっさり離れた

他の吸盤も同じ要領で簡単に外れる。

今のBDレコーダーは薄型でこんな事態になる可能性は少ないけど、古くて重い機器の吸盤を剥がす機会があれば参考にどうぞ。

暮らし

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク