【IT】「申し訳ございません。このページに到達できません」でインターネットに繋がらない対処

インターネット接続エラー

突然の接続エラー

いつも通りパソコンを立ち上げ、ブラウザでGoogleを開こうとしたらエラーが出た。

Googleのページが開けないエラー画面

前日までは普通に使えていたし、何も環境は変えていないのに。

先に結論を言うと「ルーター再起動」で直ったんだけど、そこに至るまでの対応を記したいと思う。

原因切り分けと対処

まずうちの環境を説明。

NTTの光回線にWi-Fi-ルーターを繋ぎ、パソコンやスマホでインターネットを利用している。

Wi-Fiルーターは以前紹介したバッファロー製品。

我が家のインターネット環境

ネットワーク構成は上図の通り。

さて、今回の接続エラーではいくつか原因が考えられるが、大別すると下記3つだ。

(1)パソコンの問題
(2)Wi-Fiルーターの問題
(3)Googleサーバーの問題

ページが開けない原因候補3つ

という訳で容疑者を1つずつ検証していく。

一番簡単なのはGoogleサーバーがダウンしているかどうかの確認。

これは他のサイト(例えばYahoo!)にアクセスすればすぐ分かる。

Yahoo!への接続に失敗画面

Yahoo!にも繋がらないし、Outlook等のメーラーでも受信エラーになるので、そもそもインターネットに接続できていない。

これでGoogleは容疑者から外れた。

ページが開けない原因からサーバーは除外

次に怪しいのはパソコンだ。

ネットワークの設定が書き換わっていたり、ファイルが壊れている可能性がある。

これを検証するには別のパソコンやスマホから接続を試すのが良い。特定のパソコンの問題ならそれ以外の機器では開けるはずだ。

結果、Wi-Fi接続のスマホからもGoogleには繋がらなかった。

もし試せるならWi-Fiを切断して4Gや5Gでも試してみよう。これで繋がるなら本体ではなく自宅のネット回線に問題がある。

という事でパソコンも容疑者から外す。

ページが開けない原因からパソコンは除外

こうなるとWi-Fiルーターの一時的トラブルか、故障が疑われる。

よし再起動してみよう。

Wi-Fiルーターの再起動後、一応パソコンも再起動してGoogleを開くと。

Googleのイメージ

問題なく接続できた。

こうして無事エラーは解消された。

その他の可能性

環境を何も変更していないのに突然繋がらなくなった場合は、パソコンやWi-Fiルーターの再起動で直ることが多い。

しかし直らないケースもある。

例えばWi-Fiルーターが故障していれば再起動では直らないし、Windowsのネットワークドライバが認識されない状態とかも無理だ。

さらにNTT機器のトラブル(中のプロバイダ情報が消えたとか)もあるし、単純に線が抜けているだけの事もある。

再起動で駄目なら、詳しい友人かメーカーサポートに相談して個々に原因を探るのが最善だろう。

2022年11月13日追記

Wi-Fiルーター再起動で駄目ならONUやホームゲートウェイ(Wi-Fiルーターと繋がっているNTT機器)も再起動してみよう。

ちなみに特異なケースとして「NTT側の回線障害」がある。住んでる地域に大雨・暴風・落雷等が起こった日ほど発生しやすい。

そういう時は数十分~数時間様子見しよう。過去何度かNTTの障害情報ページがパンクしていて「皆同じか」と察したものだ。

焦らず冷静に状況分析を。

IT系

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク