【IT】Microsoftアカウントは2年間サインインしないで放置すると無効になるので注意

Microsoft アカウント

Microsoftアカウントとは

Microsoftアカウントは、Microsoft社の製品やサービスを一元管理できるアカウントだ。

例えば「Microsoft Office 2021」を買ったとしよう。

2013年以降のOfficeはインストールディスクは同梱されず、ライセンスコードのみが入っている。

Office製品を購入

そのため、まずMicrosoftアカウントを作成する。(既に持っている人はそれを使っても良い)

Microsoftアカウントを作成

次に、購入したOfficeのライセンスを同アカウントに紐づける。

Officeのライセンスを登録

最後に、Microsoftアカウント経由でオンラインインストールを実行し、ようやくOfficeが使える状態になる。

Officeをダウンロードインストール

2年間利用がないと凍結される

インストールとライセンス認証さえ終われば、MicrosoftアカウントにサインインしていなくてもOfficeは利用できる。

サインインしたまま使うか、サインアウトして使うかはユーザー次第。

ちなみに私は後者だ。

サインインした状態
サインインしていない状態

ここで1つ注意がある。

Microsoftアカウントは、2年間サインインしないでいると自動的に凍結され、そこから60日経つと削除されてしまう。

この事はMicrosoft社の公式サイトにも明記されている。

2年間サインインなし

何らかの製品(WindowsやOffice)でMicrosoftアカウントに常時サインインしている人は問題ない。

しかし、パソコンをオフライン環境で使っているとか。

オフライン環境

インターネットに接続しているけど、基本的にサインインはしていない人は要注意。

サインインせずに使用

パソコンを初期化する場合や、パソコンを買い替えてOfficeを流用したい場合に困ったことになる。

OfficeのインストールにMicrosoftアカウントが必要なのは前述の通りだが、アカウントが消されてしまってはそれもできない。

アカウントと共に、それに紐づけられたOfficeのライセンスも消滅してしまうからだ。

念のため、年1回はサインインを

常時Microsoftアカウントにサインインしている人は大丈夫だが、そうでない人は年1回でもいいので手動でサインインしよう。

Microsoftアカウントのページを開き、サインインして、すぐサインアウトするだけでOKだ。

サインイン画面へ
メールアドレスとパスワード

万が一、もうサインインできない状態になっていた場合は、早めにMicrosoftに確認した方が良い。

手遅れでなければ電話での問い合わせや、SMS認証で元に戻すことができるはずだ。

ただ削除されてから対応するより、削除されないようサインインする方が何倍も簡単なので、忘れないよう実行しよう。

IT系

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク