【暮らし】三井住友銀行から「お取引目的等届出のお願い」のハガキが届いたのでWebで回答した

お取引目的等届出のお願い

「お取引目的等届出のお願い」とは

昨今はネットで口座を管理したり、入出金の指示ができるようになった。

便利な反面、もしIDやパスワードが漏洩したら預金を奪われるだけではなくマネー・ロンダリングの温床になりかねない。

そこで各銀行は定期的に近況確認を行うようになり、私にもそのハガキが届いた。

(図はイメージ)
「お取引目的等届出のお願い」ハガキ

預金残高や利用年数に関係なく、このような案内が誰しも届くはずだ。

回答はWebからとなっている。

そして肝心の回答期限はハガキの宛名面に書いてあった。

回答期限

2022年11月末に到着して2023年1月末なので、期限は2ヶ月以内ということだ。

無視するわけにもいかないので早々に回答しておいた。

Web提出作業

まずハガキに書かれたURLのサイトを開き、同意にチェックして「次へ」を押す。

ハガキのURLを開き同意にチェックして「次へ」ボタンを押す

必要書類は特にないので「次へ」を押す。

「次へ」ボタンを押す

ハガキに書かれていた「お客さまID」「ログインナンバー」を入力。

「お客さまID」「ログインナンバー」を入力してログインボタンを押す

ログインできたのであとは回答するだけ。

入力の流れ

全部で6項目もあるらしい。

1ページ目は氏名や住所などの基本情報。

(1)基本情報A
(1)基本情報B

2ページ目は職業。

といっても会社員・パート・主婦・学生・無職などをざっくり選ぶのみ。

(2)ご職業等

3ページ目は利用目的。

「生計費決済」「給与/年金受取」「貯蓄/資産運用」あたりを選択。

(3)ご取引目的A
(3)ご取引目的B
(3)ご取引目的C

4ページ目は現れず最終確認画面へ。

特に問題ない(というか大した情報は入力していない)ので次へ。

入力内容確認

「提出する」を押して完了。

「提出する」ボタンを押す
回答受付完了

送られてきたメールは「回答の受付を完了しました」ぐらいの内容だった。

回答受付完了のメール

自営業や個人事業主でなければ年収や資産情報は問わないらしく、意外とあっさり終了。

回答項目のまとめ

自営業や個人事業主以外は、大体これぐらいの入力しかない。

質問項目回答例
ご入力者はお取引名義人ですかはい
氏名山田 太郎
氏名(フリガナ)ヤマダ タロウ
ご契約口座のおなまえは本名と同一ですかはい
生年月日1980年1月1日
国選択日本
住所東京都〇〇区…
国籍日本国籍
外国PEPs (政府要人とその家族)該当しない
ご入力者の電話番号07000000000
ご入力者のメールアドレス〇〇@xx.ne.jp
ご職業の形態企業等にお勤めの方
ご職業会社員
当行とのお取引目的貯蓄/資産運用
店頭取引 (過去1年の窓口利用)なし
経済制裁対象国等に関連する取引ない
経済制裁対象国等に保有する資産ない

期限までに回答しなくても預金を奪われることはないだろうけど、一時的に取引がストップする可能性はある。

ATMで「窓口にお越しください」になるぐらいなら良いが、クレジットカードの引き落としに失敗したら洒落にならない。

忘れないうちに回答しておこう。

詐欺には注意

銀行を装った偽ハガキを送りつけ、偽のURLで個人情報を入力させる手口も存在する。

少なくとも三井住友銀行ではキャッシュカードの暗証番号を訊かれるような事はないので、不自然な質問があれば警戒しよう。

Web回答を忘れるのも駄目だが、慌てて詐欺に引っかからないよう注意。

暮らし

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク