【暮らし】ゴールデンキウイを初めて食べたらおいしかった

ゴールデンキウイ画像

スーパーの果物売り場

6月(または12月)になると近所のスーパーにはキウイが登場する。

時にはキウイ専門の売り子さんが果物コーナーに立ち、ビニール袋やバケツに入ったキウイを販売するのが風物詩。

その一生懸命な姿を見るとつい買ってしまいそうになるが、結局買わずに通り過ぎるのが毎年のパターンだった。

キウイの売り子さん

キウイジュースは嫌いではないが、皮付きのキウイはここ何年も食べていない。

買うとしてもパックに入ったカットフルーツぐらい。

味は好きなんだけど、プリンのようにスプーンですくって食べるのが何となく合わなかった。

スプーンで食べるキウイ

その話を誰かにすると「そんなの適当にぶつ切りにして爪楊枝で食べればいいじゃん」と言われて目からうろこが落ちる。

確かにそうだ。自分で食べるだけなら外見を気にする必要はなかった。

よし今度こそ買おうと思い近寄ると、そこには普通のキウイだけではなく、ゴールデンキウイなるものが売られていた。

<ゴールデンキウイとは>
果肉が緑ではなく黄色いキウイ。普通のキウイよりも酸味が少なくトロピカルな甘みがある。

何だかわからないが商品説明のポップには「甘いキウイ」という売り文句が書かれている。ならば甘いキウイを買おう。

2個で300円のゴールデンキウイを買ってそのまま帰宅した。

皮を剥く前のゴールデンキウイ

冷蔵庫で十分冷やした後、さっそくお手軽カットに挑戦する。

ゴールデンキウイをぶつ切りにする

お皿に入れて爪楊枝を刺したら完成。なるほどこれならカットフルーツと同じように食べられる。

お皿に盛ったゴールデンキウイ

食べてびっくり。ゴールデンキウイって想像以上においしい。

全体的に甘くて柔らかくて桃のようにトロっとしているが、種の食感やわずかな酸味からキウイらしさも感じ取れる。

イチゴやメロンに勝るとは言わないが、1個150円から買える敷居の低さを考えれば、もっと売れてもおかしくないと思う。

あの味が忘れられず

上記記事を書いたのは12月だったが、翌年6月にスーパーに行くと今年もキウイが売られていた。

すっかりキウイの美味しさに魅せられたので、今年はバケツで購入した。

バケツ入りのゴールデンキウイ

1個おまけしてもらってラッキー。

毎年とは言わないが、一度食べたらまた食べたくおいしさだ。

こんなことならもっと早く食べておけば良かった。

暮らし

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク