【暮らし】ドライブレコーダー搭載車は基本録音されていると思うぐらいで丁度良い

ドライブレコーダーと録音

ドライブレコーダーと録音

2023年現在、ドライブレコーダー(以下ドラレコ)の搭載率は5割超と言われている。

車のドライブレコーダー

新車だと最初から付いている場合もあるし、後から購入する人、自動車保険の特約で月額数百円でレンタルする人もいるだろう。

事故やあおり運転の証拠として頼りになるドラレコ。

今後さらなる普及が予想される。

事故
あおり運転

さて、ドラレコの映像はニュース等でもよく目にすると思う。

監視カメラのような無音動画だ。

監視カメラ

しかし実際のドラレコでは、スピーカーやマイクを内蔵する製品が多い。

スピーカーとマイク

録音機能があれば追突事故の衝撃音も記録できるし、あおり運転の相手が降りてきて「開けろ!」と恫喝する音声も残せる。

降りてくる運転手

ただ気を付けなければならないのは、ドラレコが起動している間(すなわちエンジンがかかっている間)は常に録音状態だ。

複数人で乗車している場合、他人に聞かれるとまずい会話の1つや2つはあるだろう。

これらが全部記録され後から再生できる。

記録されると困ること

浮気も簡単にバレそうだ。

浮気の会話
妻がチェック

データが一杯になると古い物から消えていくが、その前にSDカード経由でコピーされたら一生消せない汚点として残る。

データのコピー

特に自動車保険の特約でドラレコを付けた場合、データセンターへの送信機能が付いているので別のリスクが生まれる。

公には「事故前後の映像・音声データしか送信しません」となっているが、やるかやらないかは相手のさじ加減ひとつ。

仮に送信されていなくても100%落ち着ける空間でなくなるのは確かだ。

車内の音声録音

自前のドラレコなら録音機能をオフにしたりこまめにデータを消せば済むけど、他人の車に乗った時はそうもいかない。

悪用されるかどうかは別にして「ドラレコが付いている車は録音されているかも」という警戒心は持っておいた方が良い。

誰に何を晒されるか分からないこのご時世、慎重すぎるくらいで丁度良いと思う。

暮らし

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク