【IT】Windows 10のサポート期限は2025年10月14日まで、大型アップデートは「22H2」で終了と正式に発表された

Windows 10サポート期限

マイクロソフトの公式発表

2023年4月27日、マイクロソフトはWindows 10のサポートを2025年10月14日までとする公式アナウンスを出した。

大型アップデートは現行の「22H2」が最終バージョンとなる。

<Windows 10の大型アップデート>

バージョンリリース日サポート期限
1507
(初期Win10)
2015年7月29日2017年5月9日
15112015年11月10日2017年10月10日
16072016年8月2日2018年4月10日
17032017年4月11日2018年10月9日
17092017年10月17日2019年4月9日
18032018年4月30日2019年11月12日
18092018年11月13日2020年11月10日
19032019年5月21日2020年12月8日
19092019年11月12日2021年5月11日
20042020年5月27日2021年12月14日
20H22020年10月20日2022年5月10日
21H12021年5月18日2022年12月13日
21H22021年11月16日2023年6月13日
22H22022年10月18日2025年10月14日

昨年の大型アップデート「22H2」を適用している人は、そのまま2025年まで月例パッチを適用するだけで使い続けられる。

一方で「2025年以降も使えるかも?」という望みは絶たれてしまった。

バージョン確認方法

年に1~2回公開されるWindowsの大型アップデート。

Windows 10向け「22H2」が公開されたのは2022年10月なのでほとんどの人は適用済みだと思うが、念のため確認しておこう。

まずスタートボタンを押す。

スタートボタンを押す

設定ボタンを押す。

設定ボタンを押す

システムを押す。

システムを押す

左画面の「詳細設定」を押し、右画面のバージョンを確認。

バージョンを確認

ここが「22H2」になっていれば大丈夫。

もし「21H2」以前になっている人は早めに無料アップデートを実行しよう。

今後Windows 11のような機能追加はない

Windows 10のサポートが2025年まで続くと言っても、その内容は「脆弱性対応」のような修正プログラムが大半となる。

仮にWindows 11のアップデートで「AIを使った新アプリ」のような機能追加があったとしても、Windows 10には来ない。

現状維持を目的としたサポートのみだ。

新製品をチェックしておこう

2025年まで猶予はあるものの、スムーズに買い替えたいなら事前の下調べが重要。

例えば私だと、予算15万円程度で買えるそこそこ快適なスペックのノートパソコンをいくつか候補として注視している。

個人的には富士通の「プライバシーカメラシャッター」みたいなのがあると地味に嬉しい。(Webカメラに蓋できるスライドスイッチ)

プライバシーカメラシャッター(富士通HPより)
富士通ホームページより画像引用

家電量販店やネットショップは2025年に向けて、買い替えセールを開催するだろう。

いずれ会社でも一斉入れ替えがあるだろうから、家で一足先にWindows 11にして移行作業に慣れておくのも悪くないと思う。

IT系

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク