【エンタメ】PS5で外付けUSB HDDのMP4動画を再生する手順

PS5で外付けHDDのMP4動画を再生

パソコン以外でMP4を再生

以前、パナソニックのBDレコーダー「DIGA」にUSBメモリを使ってMP4を取り込む方法を書いた。

DIGAにMP4ファイルを取り込む

MP4動画をBDレコーダーに取り込めばTV画面で視聴できるし、編集可能形式に変換すればチャプター作成ができる。

これはこれで便利だ。

MP4ファイルをBDレコーダーの形式に変換

ただ機種にもよるが、私が持っている「DMR-2W202」では外部機器のMP4ファイルを直接開くような機能はない。

一旦本体に取り込まないと再生できない。

YouTubeや動画サブスクの感じで、外付けHDDの中にある大量のMP4動画からその時見たい動画を再生する用途には不向き。

大量の動画

そういった使い方ならPS5が合っている。

今回はPS5で、外付けUSB HDDのMP4を再生する手順について紹介したい。

exFATでフォーマット

まずUSB HDDを1台用意する。

要らなくなった物を再利用しても良いし、新しく購入しても良い。

用意できたらUSB HDDをパソコンに接続。

パソコンにUSB HDDを接続

USB HDDを右クリックしてメニューのフォーマットを押す。

フォーマットを押す

exFATでクイックフォーマットを開始。

中身が空っぽのHDDが完成する。

exFATでクイックフォーマット

一応フォーマットについて軽く説明。

HDDを部屋にたとえると、データというのは部屋に置く家具のようなもので、ファイルシステムは家具の下に敷く床のイメージ。

フォーマットはさながら部屋のリフォーム。

データとファイルシステムの関係

床の張替え(ファイルシステムの変更)は家具(データ)を全部撤去しないとできないというのは何となく想像がつくだろう。

ファイルシステムを変更する為にフォーマットを実行すると、中のデータは全部消えてしまうので必要なデータは退避しておこう。

ちなみにexFATは汎用的な形式。

Windowsはもちろん、iOS、Android、ゲーム機、デジカメなどexFATを扱える機器同士であればデータのやり取りが可能。

exFATをサポートする機器

一方NTFSは少し特殊な形式。

ファイル毎にユーザーのアクセス権を設定できるような機能もあり、Windowsに最も適したファイルシステムと言えるだろう。

PS5はexFATは読めるけどNTFSは非対応。

NTFSをサポートしない機器

一度フォーマットしたら、再度フォーマットしない限りファイルシステムは変わらない。

次にフォーマットが必要になるとしたら、ファイルシステムを再度変更するか、ディスクの中を空っぽにしたいかのどちらかだ。

USB HDDに動画をコピー

それではUSB HDDに動画をコピーしよう。

パソコンにUSB HDDを接続

エクスプローラからUSB HDDを開く。

フォーマットしたばかりなので中身は空。

フォーマット直後のUSB HDD

ここに適当なフォルダを1つ作成する。

名前はひとまず「動画」としよう。

フォルダを作成

動画フォルダにMP4をいくつかコピー。

フォルダの中に動画ファイルをコピー

コピーできたらUSB HDDをパソコンから取り外し、PS5に接続する。

USB HDDをPS5に接続

ホームの「メディアギャラリー」を開く。

「メディアギャラリー」を開く

USB機器接続時のみ、メディアギャラリーのメニュー右端に「USB」が出てくる。

「USB」を選択して動画フォルダを開く。

「USB」を選択して作ったフォルダを開く

再生したい動画を開く。

再生したい動画を開く

MP4動画が再生された。

動画が再生される

この外付けHDDはMP4動画のバックアップ媒体としても使えるし、PS5に繋いでTV画面で視聴するためにも使える。

保存と視聴の両方で使えて二度おいしい。

バックアップと視聴の両用

PS5の動画再生で線が出る場合

USB HDDのMP4動画に限らず、PS5の録画機能で自分のプレイを録ったものでも画面中央に白い線が出ることがある。

横に流れる白い線

これは処理中の印。

気になる人は数秒停止して再開すると良い。

数秒停止して再開

線が出なくなるはずだ。

線が出なくなった