【エンタメ】Google Play Passで「信長の野望 武将風雲録」「レイジングループ」「60 Seconds!」等が月額料金でプレイできる

PlayPassトップ画像

Google Play Passとは

Google Play Passは、2022年4月28日にGoogleが日本で始めたサービスだ。

Android系スマホではホーム画面のストア(Google Play)からアプリを購入するが、一部アプリが月額料金で使えるようになる。

月額料金のPlayPass

料金は月額600円、年払いだと5400円。

2022年5月4日時点では、ゲームが729本とアプリが195本あった。

PlayPass対象ゲームの本数
PlayPass対象アプリの本数

Googleによると夏以降には「FINAL FANTASY VII」を始め、さらなるゲームの追加があるらしい。

なお、私のスマホではサービス開始当初はメニューに表示されていなかったが、5月4日から選べるようになった。

PlayPassメニューがない

Play Pass対象ゲーム&アプリの確認方法

Play Pass対象のゲーム&アプリ一覧は、Playストアから確認することができる。

PlayPassアプリ確認手順01
PlayPassアプリ確認手順02
PlayPassアプリ確認手順03
PlayPassアプリ確認手順04

ただ、重要なのはアプリの総数ではなく、自分が使いたいアプリが何個あるかだろう。

好みは人それぞれなので、自分の目で一度チェックしてみよう。

注目ゲーム

アプリの方は予想通りのラインナップだったけど、ゲームは「信長の野望」以外にもいくつか気になるタイトルがあった。

<Play Pass対象ゲームの例>

タイトル名ジャンル価格
デッドセルACT1080円
60 Seconds!ADV450円
最悪なる災厄人間に捧ぐADV1600円
千里の棋譜ADV1600円
レイジングループADV1600円
Getting Over ItSLG640円
信長の野望・武将風雲録SLG1480円

「信長の野望」もそうだけど、ケムコのADVを選ぶとは渋いセンスだ。

「60 Seconds!」「Getting Over It(壺男)」もYouTubeのゲーム実況では人気作品。

ただ私は「レイジングループ」「千里の棋譜」「最悪なる災厄人間に捧ぐ」をPS4版で持っているのでそこまでお得感がない。

なので現時点ではPlay Passは様子見だ。

私の事情はさておき、やりたいゲームが5~10本ある人なら、月額600円の元は十分取れるだろうから利用を検討しよう。

今後もし「ドラクエ」「クロノ・トリガー」などの名作タイトルが来れば、一気に普及しそうなサービスだなと思う。

今後の展開に期待したい。

エンタメ情報

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 264

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/c7866561/public_html/totanrpt.com/wp-content/plugins/ad-invalid-click-protector/adsense-invalid-click-protector.php on line 267
スポンサーリンク